温泉を求めて旅する時々ジョガーのブログ

行って良かった旅行記やジョギングの事など書いて行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

淡路島 渚の荘 花季 ホテルニューアワジグループ湯めぐり② 淡路夢泉景「天宮の雫」と 花季の大浴場

 

渚の荘 花季に宿泊すると、ホテルニューアワジグループのお風呂にも入れるので、まずはホテルニューアワジのくにうみの湯に入り、次に夢泉景の「天宮の雫」に行きました。ホテルニューアワジから、さらに歩きます。ニューアワジの棚田の湯・くにうみの湯同様アメニティはバッチリ。

夢泉景も食事と入浴がセットになった日帰りプランが3,200円~あります。

利用時間:11:30-16:00(入浴は12:00~) 昼食時間:11:30-14:00 

※湯賓閣 「天宮の雫」・スパテラス水月「淡路棚田の湯(男性)・くにうみの湯(女性)」の入浴無料 

 

夢泉景のロビー

f:id:onepikun:20181222180231j:plain

 お風呂は2階にあります。やっと入口に到着

f:id:onepikun:20181222180319j:plain

休憩所

f:id:onepikun:20181222180429j:plain

コーン茶と麦茶のブレンド茶が置いてあります

f:id:onepikun:20181222180501j:plain

 夢泉景:天宮の雫

 【営業時間】女性 12:00~24:00 日の出~11:00
男性 12:00~24:00 日の出~10:00
※男女入れ替え制

メゾネットタイプになっており、2F部分は展望抜群の大浴湯・サウナ、露天風呂はインフィニティバスです。地階部分は波打ち際にある野趣あふれる露天風呂で、洲本温泉と古茂江温泉両方楽しめます。  

 洗面化粧台 くにうみの湯同様広~い!

f:id:onepikun:20181222204916j:plain

大浴場内風呂

f:id:onepikun:20181223123735j:plain

展望露天風呂

f:id:onepikun:20181222181313j:plain

 地階露天風呂 階段を降りて行きます。階段の途中にバスタオル設置。

f:id:onepikun:20181222181417j:plain

f:id:onepikun:20181222181647j:plain

 ホテルニューアワジの棚田の湯・くにうみの湯が人気の様で、くにうみの湯は人が結構いらっしゃいましたが、天宮の雫はどなたもいらっしゃいませんでした。開放的な露天風呂でゆっくり浸かる事が出来ました!

 「渚の荘 花季」に戻ります。結構歩くので、一旦お部屋に戻り一休み。 

  風の音・波の音

【営業時間】14:00-24:00、日の出~11:00

こちらは花季宿泊者専用。日帰り入浴はされていないようです。

洲本温泉のみで、古茂江温泉は引かれてません。 

こじんまりしていて、 目の前に広がる海を眺め、潮騒を聞きながらゆっくり入る事が出来ます。

皆さんホテルニューアワジグループの湯めぐりに行かれるのか、夕方でも人はほとんどいらっしゃいませんでした。

  大浴場入り口にバスタオルとタオル

f:id:onepikun:20181223124221j:plain

洗面化粧台

f:id:onepikun:20181223124315j:plain

「ホテルニューアワジ」と「夢泉景」は化粧品類・シャンプーリンスは旅美人シリーズでしたが、「渚の荘 花季」はポーラアロマエッセゴールドです! 

 花季の大浴場は冷水機がありませんので、喉が渇いたら2階にあるインフォメーションライブラリーのドリンクサービスまで行かないといけません。

クレンジングは洗顔と一緒になったタイプでした。(お部屋にクレンジングはありました)

 洗い場

f:id:onepikun:20181223125750j:plain

  内風呂 サウナもありました。

f:id:onepikun:20181223130210j:plain

露天風呂

f:id:onepikun:20181223130522j:plain

ぬるめでゆっくり長湯出来ました。

 「ホテルニューアワジ」グループの湯めぐりも良かったですが、個人的にはここのお風呂が一番好きです。

温度がぬるめだったし、どなたもいらっしゃらなくて聞こえるのは波の音だけ。心地よい自然のBGM♪ 贅沢な時間でした。

アメニティがPOLAのアロマエッセゴールドシリーズなのも高評価!

ただ、冷水機置いて下さ~い!!