温泉を求めて旅する時々ジョガーのブログ

行って良かった旅行記やジョギングの事など書いて行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

淡路島 名水「薬師の水」と たこせんべいの里

 

「渚の荘 花季」に宿泊し、翌日淡路島の名水「湯谷薬師の水」を頂いて帰りました。

 兵庫県洲本市中川原町・湯谷薬師

「薬師の水」を頂きに来るのはこれで3回目。初めて来た時は行き過ぎてしまいました⤵

 

場所は淡路鳴門自動車・淡路島スマートインター降りて右折し、県道46号線を進んだ道沿いです。淡路交通「薬師前」バス停が見えるとすぐ上の細い坂道を左折した所にあります。車は5、6台止めるスペースがあります。

f:id:onepikun:20181226151320j:plain

赤矢印の坂を上がります。細い道なので見逃し注意!

f:id:onepikun:20181226151952j:plain

「医王山 湧水寺 薬師庵(イノウサン ユウスイジ ヤクシアン)」

湯谷薬師の水は別名医王山涌水寺薬師庵の仏水、閼伽水(アカミズ)とも言われているそう。

一滴万倍のご利益があり不動明王を安置したのが始まり と伝えられています。淡路富士と言われる「先山(標高448m)」のふもとから湧き出る水で
柔らかく、ミネラルが豊富で何に使ってもおいしい。

薬師庵 

f:id:onepikun:20181226152147j:plain

左手に水くみ場があります。

f:id:onepikun:20181226152340j:plain

水量豊富で水汲み場が2ヶ所あるので、ポリタンク2個分あっという間。 

f:id:onepikun:20181226152432j:plain

「薬師の水」人気の名水のようで今まで3回行きましたが、いずれも入れ替わり立ち代わり名水を汲みに来られてました。

我が家ではコーヒーやポットのお湯・出汁などに使ってます。 

薬師の水を頂いた後は、「たこせんべいの里」へ

f:id:onepikun:20181226153111j:plain

 住所:兵庫県淡路市中田4155番1 TEL:0799-60-2248

営業時間:9:00~17:00 年中無休(但し大晦日は15:00まで)

 =アクセス =

神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮I.C降りて左折し、中田交差点手前の道(海鮮料理きとら と赤い屋根の看板が目印)を左折すると右手にあります。

販売スペースには、約40種類ものせんべいがあり、ほとんどの商品が試食可能!しかも無料でコーヒーやお茶が頂ける淡路島で人気のスポットです。

試食はトングでとって頂きます。トングもマメに交換されています。

f:id:onepikun:20181227123538j:plain

f:id:onepikun:20181227123443j:plain

 休憩コーナー

f:id:onepikun:20181228100846j:plain

 無料で頂けるコーヒー・煎茶・麦茶

f:id:onepikun:20181228100946j:plain

工場見学も予約不要で窓越しにせんべいの製造風景を見る事ができますが、この日は製造されていませんでした。

しっかり試食⤴⤴

どのおせんべいもしっかり味が付いていて美味!どれを買おうか迷いますがほとんどの商品を試食できるので、気に入ったものを購入する事が出来、我が家はワインに合いそうで珍しい「トマト&バジル味」と、意外と美味しかった「ごませんべい」を購入。

淡路の玉ねぎも買ったし、温泉浸かってのんびり出来たし、美味しい物をたくさん食べて、いい旅行でした!!