温泉を求めて旅する時々ジョガーのブログ

行って良かった旅行記やジョギングの事など書いて行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

BSサブ4シーズン2 加須ハーフマラソンで力試し後半戦 備忘録

 

2019年1月17日に BSサブ4シーズン2 <第15回>「加須ハーフマラソンで力試し後半戦」が放送されました。  

f:id:onepikun:20190118094730j:plain

 永井監督の下集まった3人の女性ランナー。

フルマラソン経験1回と言うマラソン初心者の3名(高橋ユウ、元井美貴、浜口順子)が、フルマラソン4時間切りを目指し日本を代表するランナー指導の下、さまざまなトレーニングを行ってきた。

  • 坂道トレーニング
  • 不整地トレーニング
  • インターバル走
  • 20km走

そして今回2月に出場するフルマラソン本番に向けてのトレーニングとして挑むのは、埼玉県加須市で行われた「加須こいのぼりマラソン大会(ハーフ)」力試しのハーフマラソン後半戦、目標タイムは2時間切り!

埼玉市の中心部からスタートする「加須こいのぼりマラソン」のコースには、3つの難所がある。

  レースの難所

f:id:onepikun:20190118102027j:plain

9km地点・・高速道路越えの長い坂道

f:id:onepikun:20190111104429j:plain

16km以降・・向かい風が吹くおよそ2kmの直線

f:id:onepikun:20190111104521j:plain

20km地点  ・再び高速道路越えの長く急な坂道 

f:id:onepikun:20190111104614j:plain

ゴール地点は市の中心部にある加須市民運動公園。その距離はフルマラソンの半分、21.0975km。

給水所は全部で7カ所あり(私設給水所含む)、中には 地元で収穫されたトマトが用意されているところもある。

f:id:onepikun:20190118102106j:plain

元井、高橋の順で5km地点を通過。

 目標の2時間切り達成可能なペースで進んでいる。

6km地点通過・・元井:5分43秒/km 高橋:5分41秒/km

 6km地点すぎの給水所、二人共給水にも慣れてきた。2人はほぼ同じペースで走行。

7km地点通過・・元井:5分39秒/km  高橋:5分42秒/km

8km地点通過・・元井:5分35秒/km  高橋:5分40秒/km 

レース中の栄養補給アドバイス

ジェルなどは給水所手前で補給

水で口の中の粘つきを取り除く

粘つきはノドの渇きに繋がる

 

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個
味の素 (2012-02-25)
売り上げランキング: 734
 10km地点通過タイム

 元井:57分00秒 高橋:57分11秒

 

10km地点過ぎには足の故障で出場できなかった浜口が応援!

f:id:onepikun:20190118102607j:plain

11km地点通過・・元井:5分40秒/km 高橋:5分40秒/km

12km地点通過・・元井:5分45秒/km 高橋:5分44秒/km

 高橋ここでトイレへ!所要時間1分10秒

13km地点通過・・元井:5分37秒/km 高橋:6分35秒/km(トイレ時間を差し引けば5分25秒/km)

14km地点通過・・元井:5分42秒/km 高橋:5分44秒/km

15km地点通過タイム

元井:1時間25分58秒 高橋:1時間27分14秒

16km地点通過・・元井:5分39秒/km 高橋:5分51秒/km

 向かい風が吹く約2kmの直線コースはこの日は運よく無風。

17km地点通過・・元井:5分41秒/km 高橋:5分57秒/km

18km地点通過・・元井:5分59秒/km 高橋:

19km地点通過・・元井:5分57秒/km 高橋:6分05秒/km

20km地点通過・・元井:5分54秒/km 高橋:6分07秒/km 

f:id:onepikun:20190118102720j:plain

結果は、目標の2時間切りは惜しくもクリアならず!

元井:2時間01分35秒(1キロ平均ペース5分45秒)

高橋:2時間03分42秒(1キロ平均ペース5分51秒)

※ネットタイム

1kmごとのペースをグラフにすると

f:id:onepikun:20190118102752j:plainf:id:onepikun:20190118102813j:plain

高橋はトイレに寄った13km以降ペースを上げる事が出来ず、元井は17km以降失速している

トイレのタイミングと後半の失速。サブ4への課題が明確になった。

ハーフマラソンの感想 

元井:10kmくらいまでは自信もあり順調だったが、15kmくらいから果てしなくゴールが遠かった。インターバル走をやったり、もっと心肺機能を鍛えたい。

高橋:2時間切りたかったので、悔しい結果になった。でも自分の苦手な部分・弱い部分が知れたので、今日は走って本当に良かった。ここから上げて行くしかないので、2月の大会には成長した姿でゴールを迎えられるような気がしてます。ポジティブに!

  次回は、2019年01月24日(木)21:00~第16回 <ペース&持久力アップ③>10kmビルドアップ走で自分を追い込め!です。 

 

 余談ですが、浜口順子さんの応援「ナイスラン!」は、大好きな言葉です!ヘロヘロで走ってても「ナイスラン!」って言われると、「あれ?ヘロヘロやねんけど、まだ見た感じは大丈夫なんかな?」って錯覚させてくれる(あくまでも錯覚)、私にとって魔法の言葉⤴⤴

高橋さん、元井さん、そして浜口さんの大応援も、みんなナイスラン!!