温泉を求めて旅する時々ジョガーのブログ

行って良かった旅行記やジョギングの事など書いて行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

奥飛騨温泉郷と高山2泊3日の旅⑥「高山グリーンホテル」部屋&大浴場編

 

奥飛騨温泉郷と高山2泊3日の旅2泊目、高山グリーンホテル到着です。

f:id:onepikun:20181027132246j:plain

アクセス 住所:岐阜県高山市西之一色町2-180 ☎0577-33-5500

奥飛騨方面からは「平湯バスターミナル」から方向に国道158号線を進み町方(交差点)左折してそのまま 国道158号線 に入り (下呂・高山 の表示) 、県道462号線 を進む。国道158号線に入り前方左側です。約50分。 

バスの方は、平湯温泉バス停発 高山行  1,570 円徒歩10 分。JR高山駅西口から無料送迎バスも出ています。 中部、北陸方面からは高山 I.C.から国道41号線を進み約10分。

150台が駐車できるスペースがあります(無料)チェックイン前、チェックアウト後も利用出来ます。

ホテル→JR高山駅→高山陣屋まで無料シャトルバスがありますので、観光にも便利ですよ。 

 

高山グリーンホテルは

本館(和室、洋室、和洋室)1泊2食付11,340円~、

天領閣(和室、洋室、和洋室)1泊2食付13,500円~、

本館特別客室(露天風呂付和室、露天風呂付洋室)1泊2食付18,900円~、天領閣別邸1泊2食付27,000円~

と多彩なお部屋があります。

1泊朝食付プランや、素泊まりもあります。今回泊まったのは天領閣和室。 るるぶトラベル で予約しました。【和食・特撰プラン】飛騨の味覚を本格和食会席で堪能『飛騨牛5種食べ比べ陶板焼き会席』1人22,140円。12.5畳あり、広々してます。

そして天領閣に泊まると、通常チェックイン15:00→14:00 チェックアウト10:00→11:00になります。

f:id:onepikun:20181027132005j:plain

f:id:onepikun:20181027131309j:plain

ホテルオリジナル天領閣客室のお茶請け菓子

f:id:onepikun:20181027132150j:plain

洗面化粧台。ダブルシンクでした。

f:id:onepikun:20181027131358j:plain

部屋風呂。大浴場に行くので入らず。

f:id:onepikun:20181027131437j:plain

f:id:onepikun:20181027131517j:plain

部屋小物。

f:id:onepikun:20181027131612j:plain

f:id:onepikun:20181027131646j:plain

f:id:onepikun:20181027131723j:plain

冷蔵庫。中は何も入ってません。

f:id:onepikun:20181027131801j:plain

クロゼット。金庫、羽織。

f:id:onepikun:20181027131839j:plain

反対側に浴衣。エレベーター前にも置いてありました。

f:id:onepikun:20181027131914j:plain

 

 早速お風呂に向かいます。(写真はホームページより拝借しました)

大浴場入り口にバスタオルとタオルが大量に置いてありますし、大浴場の備品も一通り完備。

手ぶらで行けます。

こちらは温泉成分表。

温泉分析内容

本陣大浴殿

内湯。熱めの湯とぬるめの湯、泡ぶろ、サウナ完備。天井が高く広々していて気持ちいいです。洗い場も沢山ありました。シャンプーリンスは色々な種類がありました。自宅で使っているPOLA 【ポーラ】 シャワーブレイクプラス 10L×2種類セット ノンシリコンシャンプー &コンディショナーもありました。 

 

露天風呂 

庭園露天風呂

庭園露天風呂 

入浴の後は「飛騨物産館」へ。高山中の土産を一堂に集めた施設がホテル敷地内にあります。宿泊以外の方も入れます。ここで大概のお土産が揃います。

f:id:onepikun:20181028202428j:plain

営業時間:7時~22時 ショッピングだけではなく、さるぼぼや塩せんべいなどの手作り体験なども出来るんですよ。さあ夕食です。